水処理技術一覧

自動マンガンモニター

日本初!自動溶存マンガン濃度計 MNR-001

manganmoniter

 

特許出願:特願2014-124484

 

1.本装置は、配水管の黒水対策として送水中のマンガン濃度を常時監視できる日本初の自動計測器です。急速ろ過機に直結し、マンガン濃度が上限設定値以上になれば自動逆洗を開始します。ポンプの流量制御やバルブの開度による制御の二通りがあります。

 

2.原水マンガン濃度が上昇する可能性がある場合は、本濃度計からの信号を利用し、取水口のバルブ開度調整や閉鎖調整をする対応も可能です。

 

3.これらにより、ろ過水質の安定化、良質化が図れます。

 

manganmoniter_2

システム

◆最短20分周期での連続測定が可能です。

 

◆計測のための化学薬品は使用していません。

 

◆薬品補充の必要がないためランニングコストが僅かですみます。

 

◆測定後すぐに測定セル・チューブを極めて優れた洗浄剤により洗浄します。そのため絶えず正確で定期的・持続的測定が可能になりました。

 

特殊Mnろ材充填急速ろ過塔によるろ過水の自動モニタリングの一例

manngakn_3

 

1.水中の溶解Mnをオゾン酸化し、その酸化Mnを吸光光度分析すること

 

2.測定波長域400nm~500nmを選定したことで残留塩素や硝酸の影響のない測定ができたこと

 

3.オゾン注入後、3分の静置時間をおき、測光すれば安定した計測が出来きます

4.本機の通常測定濃度は、0.01~0.5mg/Lです。セルを取り換えるだけで、高濃度域の(3.0mg/L)の測定が出来ます。

 

5.安価なランニングコストのうえ、小型で省スペースを実現

浄水場の対策事例

 

mangan_01

 

出典:大阪広域水道企業団